中古車売却後で次の車を購入する時の代車は?

次の車を購入すると代車はどうすればいいの?

車の買取りか下取りか、今まで乗ってきた車を手放す際にはいろいろ考えることと思います。
下取りの場合は新車購入とセットになっているので、納車まで今の車を乗り続けることができます。
また、納車までに車検が切れるようなことがあれば車検切れから納車まではディーラーのほうで代車を用意してくれるのです。
今では一般的に下取りと買取りでは価格面では買取のほうが高価格査定で有利とされていますが、トータルのサービスといった面ではディーラーのほうに分があるかもしれません。
さらにディーラー側としてはその時点の中古車の下取り査定をしたにもかかわらず納車日が延びると中古車の価値もどんどん下がってしまいますから、そのため下取り価格もどうしても高値を設定できないというジレンマもあるのです。
こういった面など少しでも高査定を勝ち取りたいのであればやはり買取ということになるでしょう。
もっとも代車ということを考えるとどうでしょうか。
中古車の買取りをしてもらうとその時点で手持ちの車がなくなってしまいます。中古車を手放すのと新車購入の際のお店は違うので新車購入での納車までは車がないということになります。
サービスのいいお店では新車購入まで代車を貸してくれるところもあるかもしれませんが、それは交渉次第です。
代車を貸してくれないところが多いでしょう。
新車を購入するのだからそれくらサービスしてくれても、と思うかもしれませんが、まったく新しく車を購入する人に代車を貸すお店が存在しないのを考えれば代車を貸してくれるほうが珍しいかもしれません。
ですから、必要でしたら、買取りを済ませるのと納車日を合わせるような段取りを自分でしたほうがいいときもあるのです。それが面倒でしたら、下取りという形を取るのがベストでしょう。

 

 

代車サービスを用意している用意しているところも

ディーラー下取りのメリットですが、査定額では買取り業者には負けるのですが、サービスと言った面ではディーラーのほうが優れている面が多いのです。
下取りの場合は新車購入までの手続きがとてもスムーズです。また特筆すべきは新車購入となると納車まで日が開くことがほとんどです。それが1ヶ月になるか2ヶ月になるかわかりません。プリウスが非常によく売れたときは納車まで6ヶ月待ちというのが一般的だったのです。
今でも普通に3ヶ月待ちということが言われていますから、ディーラー下取りのいいところは納車まで車の乗っていていいことです。下取り価格が決まっていて、数ヶ月も乗ることができるのはまさに下取りのメリットと考えていいでしょう。そうでなくても時とともに車の価値は下落していきますから、これはかなり大きなサービスなのです。
もっともそれまでに車検が切れることがあるでしょう。そのときは代車を貸してくれますので心配することはありません。
買取り専門業者ではこういうことはありません。買取りだけですから当然です。
そういったことを考えると途切れることなく車に乗り続けていいのはディーラーのメリットと考えてもいいでしょう。