車を売る時はディーラーの下取りはだめ?

売る時はディーラー下取りはだめ?

一昔前というか今でも車の買い換えの際はそれまで乗っていた車を下取りに出して同じディーラーで新車を購入している人が多いと思います。
多くの人は他にも買取をしてもらってそのお金を持って他のディーラーで新車購入する方法もあるということを知っているのです。
それでも、なんとなく雰囲気的に下取りのほうが買取よりも査定額が高いように思うものです。
ディーラーも新車を購入してくれるのですからできるだけ査定額をあげようとしてくれるはずだと思うからです。
これもあながち間違いではありません。
ディーラーとしたら中古車を仕入れることができるうえに新車購入までしてもらえる大事なお客様ですから、できるだけ査定額をあげるのは当然のサービスといえるでしょう。
しかし、それはあくまでもディーラーの範疇だということです。
どういうことかというと、ディーラーには下取り査定表というものがあって、全国的にあらかじめ査定金額が車種や年式によって決まっているのです。ですからそこから大きく下取り査定というものが動くことはありません。多少は色がつきますし、新車価格の割引サービスをしてくれるくらいでしょう。それでもトータルで安くなればOKという考えなのです。
実際にディーラーに下取り査定をしてもらってがっかりしたという人も多いのではないでしょうか。
これは事前に考えておかなくてはいけない部分もあるのです。
たとえば、マフラーなどは社外品の性能のいいマフラーをつけていてもそれはほとんど考慮されません。逆に査定額が低くなる場合があります。
気の利いたディーラーでしたら、純正のマフラーは残っているかどうか聞いてくれるでしょう。
実際に純正品のほうがディーラーとしても売りやすいのです。
他にもナビゲーターのいいものをつけていてもこれも社外品となるとマイナス査定になるかもしれません。
これは逆にいうとメーカーオプション以外のものはマイナス査定あるいは査定なしということになるのです。
ディーラーがほしいのは新車時の状態の車ということですね。

ですから改造車などはもってのほかですから、それはディーラーでの下取りをあきらめて単独で買取をしたほうがいいでしょう。
ですから、つきあいがある、車をカスタムしていないなどの中古車であれば下取りもいいでしょう。
もっともトータルで考えて下取りよりも買取のほうが査定額が高くなる場合のほうが多いです。
買取専門業者の場合は中古車を売るための販売ルートが数多くありますので少しでも高く売ることができます。
そのために買取査定額も高く設定できるのです。