下取りが初めての場合注意が必要です。

下取りが初めての場合には注意が必要になります。

誰でも最初に車を購入するときは購入のみとなります。
当たり前のことですがそれが普通なのです。もっともずっと車に乗り続けることを考えたら、車の購入のみというのは最初だけかもしれません。
それも下取りをずっと続けていったらという条件がつくのですが、この下取りについて今回は説明しましょう。
一般的に下取りというのは現在乗っている車をディーラー査定が値段をつけてもらいます。
そしてその金額を頭金にして同じディーラーから新車あるいは中古車を購入するのです。
ディーラーからしてみると、中古車の仕入れができて、さらに新車を購入してもらえるのですからまさに一粒で二度美味しい状態になるのです。
ディーラーにはメリットが一杯ですから、下取り査定もさぞや高査定になるのかということですが、確かに高年式の車でしたら下取り査定も高査定となるようです。
しかし、これも低年式となると途端にディーラー下取りの査定価格は渋くなるのです。
一般的には年式が7年落ちでディーラー下取りはゼロ査定となるのです。
ですので、ディーラーでの車の下取りを考えているのでしたら、7年以内を目処に車の買い替えをしたほうがいいでしょう。
昔でしたら5年後とに車を買い替えるというのが一般的な時代がありました。車の信頼性を考えるとそのくらいがちょうどよかったのですが、現在では車の信頼性も飛躍的に向上していますし、車の利用サイクルも延びてきました。
そうなると下取り査定ももっと年式を見てくれてもいいと思うのですが、ディーラーはメーカー直結の販売店ですから、新車の販促をしなければいけない関係からも下取りのシステムを変えることは難しいのでしょう。
以上のことを考えて下取りを利用する場合はできるだけ年式を気にしたほうがいいでしょう。

 

ディーラーの下取りはかなり均一性があります。それは査定表というものがあり、まず第一に年式が重視されるのです。つぎに走行距離ですが、何にも増して年式が重視されるので低年式になると下取りは期待せずに買取り業者に買取りをしてもらったほうがいいでしょう。